2021年09月09日

コロナはただの風邪です

『コロナはただの風邪です』

と、喧伝しては好き勝手やらかす連中がなぜここまでまともな人々をイラつかせるのかについて考えてみた
(ちなみに“旧来のコロナウイルス”も風邪の原因の一つではあるので『コロナはただの風邪』っていうのはある意味正しいのだけど、当然ながらここでは『新型コロナはただの風邪』という意味での発言を指しているとして欲しい)

大きく分けて2つの理由が浮かんだ

一つは【それでヒトが多数死んでいるから】という感情的な理由から

既に世界では相当な死者を数えた
日本はまだ序の口に見えるかもしれないが、他国と同様に医療崩壊といった二次的三次的な死者が見え始めて来た
時間の問題だ、、
そんな最中に『ただの風邪でしょ』と嘯くのはさすがに空気が読めていなすぎると感じる
十分に警戒していたのに、それでも感染・重症化して死に目にも会えなかった人々に対する労りが無さすぎる

二つ目は、【他者に迷惑をまき散らす】という弊害から

正直、ウイルスを侮った連中が勝手に死ぬ分には構わないと、多数のヒトは思っているところだろう(正直すぎたか!)
しかし実際はそういった連中がウイルスを受け取り、拡散して被害を拡げていることがデータで明らかにされてしまっているし、いざ重症化すれば泣きわめいて病院に飛び込み、ベッドを埋めている姿が露見している
風が吹けば桶屋が儲かるよりもう少しリアリティを伴った実害があるので、まともな人々はこういった連中を忌避している

“コロナはただの風邪”・・・
仮にそこに一定の根拠が有ったとしても真っ当な人々は決して取り合わないだろう



ただ、そうは言っても『コロナはただの風邪』に流されてしまうヒトが少なくないのはなぜだ?
それについても考えてみた

一つは【思考の放棄】
つまり普段から自分のアタマで考えることをしてこなかったタイプのヒトが
“なんとなく権威のありそうなヒトや有名なヒトがそう言っているから”
“ネットにたくさん書かれてるから”
と情報を鵜呑みにしてしまっているパターン

そもそも医療において医者とか看護師といった専門家だって間違った判断をしてしまうのに、
ましてや医療の専門家でもない素人が、何の根拠を以って言っているのかも分からないような事を妄信して自身の生命を危険に晒してしまう、、ちょっと考えると愚か極まりない
そもそも、そもそも“ただの風邪”ですら拗らせれば人は易々と死んでしまう、侮ってはならない

マジな話、早く立ち上がれ

二つ、【コロナ対策疲れ】

この閉塞的なコロナ禍において
『あぁコロナってただの風邪かもしれないんだ』
『もう日常に戻れるんだ』
という囁きは本当に甘美で、つい流されそうになるその気持ちは分かる

気持ちは分かるが、気を確かにもって現実を直視しよう
今、幸いにもあなた自身もあなたの近親者の中にもコロナ陽性者はいないかもしれない
ただ今やいつ誰しもが陽性者に、重症者になってもおかしくない。そういう段階に来てる

そしていざ、今度はあなたたち自身がコロナに感染して“ただの風邪ではない”症状になったとしても、もはや誰かが責任は取ってくれるでもない

マジな話、早く立ち上がれ
これちょっとシリアスだけど盛り上がれ


くどいようだが、本来は危機回避能力やストレス耐性を持たない生物は淘汰されるのが自然の摂理で、死にたい人、本気で生きたいわけじゃない人はかってに死んでどうぞが真理
しかし今回のようなエピデミックではただ自分が死ぬ以外に“他者にも迷惑をまき散らす”という点から“お好きにどうぞ”というわけにはいかない

つまるところこれは知性や理性を以って自衛に努める人々と、そうではない人々との対立構造なのだと思う

知性≒想像力であり、『〇〇かもしれない』と潜在的な危機を回避する能力として
理性≒ストレス耐性であり、ストレス下においても正しく判断を続けられる能力として

こんな時代だからこそ知性と理性を大切に、そして自分と大切な人の安全を守りましょう

posted by うたまろう at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | モショっとつぶやく

2021年09月07日

あの音が返ってきて少しだけ涙

個室から聞こえてくる、マグフォーマーのパチパチ音

武漢発コロナが認識されてからキッズコーナーなどの付属物は全撤去して久しいが
今日、患者さん自身がマグフォーマーを持参されていたので久しぶりにこの音を聴いた
(オッサンになると、涙もろくなる)


またいつかの様に、、と思っていたけれどどもその見通しは厳しいというか
『コロナ以前の生活が返ってくるかも』というのは甘い幻想なのかもしれない

オモチャに変わる、非接触的な時間潰しを考える必然性を感じる
posted by うたまろう at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | モショっとつぶやく

2021年09月02日

バクタミニ爆誕、ダイフェン顆粒を頑張っているキッズたちの一助になるといいな

そういえば、と言う感じになってしまうが8月中にあったシオノギのバクタについてのプレスリリース
“バクタ”と聞いてもピンとこない方が多いかもしれないが、これは“ダイフェン”という販売名の薬剤と同成分の薬剤となっている
いずれも【先発品でもジェネリックでもない】という特殊なカテゴライズをされているが、このあたりについても触れるとややこしくなるのでひとまず“バクタ≒ダイフェン”として読み進めていただくのが好

まずは転載する

>>シオノギファーマ株式会社(本社:大阪府摂津市、代表取締役社長 久米 龍一、以下「シオノギファーマ」)と国立研究開発法人 国立成育医療研究センター(所在地: 東京都世田谷区、理事長 五十嵐 隆 、以下「国立成育医療研究センター」)は、合成抗菌剤「バクタミニレジスタードマーク配合錠」(一般名:スルファメトキサゾール・トリメトプリム製剤、以下「本剤」)の製造販売承認をシオノギファーマが8月16日に取得しましたので、お知らせいたします。
バクタレジスタードマーク配合錠は、「一般感染症」、「ニューモシスチス肺炎の治療及び発症抑制」を適応とする合成抗菌剤です。これまでのバクタレジスタードマーク配合錠の直径は11mmという大きさと原薬の苦みのために、小児や高齢の患者さまが服薬に抵抗を示される課題がありました。
本剤は、服薬コンプライアンスの向上を目的に1錠の直径を6mmに小型化し、また苦みの軽減を目的として甘味剤を添加した錠剤で、シオノギファーマ、国立成育医療研究センター、塩野義製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:手代木 功)の3者によって開発されました。患者さまが本剤を4錠服用することで従来の1錠分に相当します。

シオノギファーマと国立成育医療研究センターは、本剤を通じて小児の患者さまや高齢の患者さまのバクタレジスタードマーク配合錠の服薬への抵抗感を減らし、適応とする疾患の適切な治療に貢献してまいります。なお、本剤は薬価基準収載後、シオノギファーマが速やかに発売する予定です。
<<転載終わり

・・・つまるところ、小型で少し甘みのついたバクタの小児用製剤を新たに追加するよ、ということ
通常、バクタ配合錠には“S”が400mgと“T”が80mgが含まれているが、この4分の1の含有量となるミニ剤らしいので、今ダイフェンを0.25g、0.5g、0.75gないしは1.0gで飲んでいる子だって対応できる
しかも少し甘みがついているとのことなので早く味見がしたい(笑)
まだかなー?いつ出るのかな??(*´Д`)ハァハァ

小児用製剤の追加はしばしばあることだが、
【販売開始(1970年代?)から実に40年以上が経ったクラシカルな薬剤を今、改めて小児製剤化する】
という点が個人的に驚きのポイント

以前の記事でも触れているけれど、このバクタの様な安い薬剤は不採算事業となることが多く
他の製薬会社は製造販売を他社に移管したり、最悪の場合は製造販売をやめてしまうことも少なくないが
このバクタのような安くて地味な、でも必要な患者さんにとっては重要な薬剤をこうして大切にリファインしていくのは素直にGJと言いたい
シオノギと言えばコロナのワクチン、治療薬の両面でまた知名度を上げているけれど、こういう所もぜひフォーカスされてほしい

逆に、しょうもない小銭稼ぎみたいな旧製剤のリファインをやって無駄に在庫を増やすだけの他製薬メーカーさんにはシオノギを見習ってくださいと言いたい


ジェネリック全盛期で全くの製剤をゼロから生み出すことが難しくなっている昨今では仕方がないことかもしれないが、そう思うと“ジェネリック推進政策って正しいの?”という疑念も浮上する


全く話は変わるけれども
高騰する医療費を抑える一手として【国民総医歯薬看護化計画】なるものがある
これは読んで字のごとく国民全員を(歯科)医師薬剤師看護師のいずれかに養成してしまおうという計画で
一見してキチガイじみたトンでも論の様に見えるけれども、要するに必修科目として生理学とか薬学、看護学などを加えていくことによって国民一人一人が医師であり薬剤師であり看護師でもある、即ち自分たちの健康について自決できるようになるというもの
言わばありきたりな健康政策の延長線上にあるものと思って差し支えないだろう

既存の医療機関からの子供だましみたいな仕事は通用しなくなれば国民自らが『あ、その治療は不要です』と選択できるようになり、
あるいはこのコロナ禍の様な時代においては自らはもちろん、家族間で互いの健康を保持できるのは有意義なことは想像に易い
もちろん、教育内容が増える分それなりの出費や学ぶ個人の負担もあるだろうが、総じて医療費は減少するだろうし何より今言われているような医療崩壊にほど強い国家となることは間違いないだろう、、

しかし現実では増大する医療費のしわ寄せを医療報酬から削ろう、とりわけ薬局(薬剤師)から召し上げようという流れが強いけれども、もはや薬局(薬剤師)から削り取れる部分はゼロに等しいのが実情だ
そろそろ医師側にも手入れが及ぶのは時間の問題だと思っている(ghhh..)

ただ、薬剤師はともかくとして医師の報酬をケチるというのは果たして良い結果を生むだろうかという疑問がある
『給料が減るなら手を抜きまーす』というような個人レベルの問題ではなく、
今は『大儀がある(ついでに少し給与待遇も良い)から目指したい!』と優秀な子供たちの目指す先の一つに医歯薬看護が含まれているが、これがもし給与水準が一般職並みに揃えられるとどうなるか?

優秀なトップ層が他業種に流れたばかりにやむえず二流以下のヒトが他者の生命を掌握し、あるいはおっちょこちょいが医療事故を起こす、、そんな暗い未来か
はたまた、“報酬なんて関係なく、私たちは医療をやりたい!!”という高モチベーション集団が形成されて医療のクオリティは却って増す、そんな未来となるのか

こればっかりはやってみないと分からない。ただ、一度舵を切ればあとしばらくはその流れを変えることは出来ない
であれば
そもそも国民が最低限の医薬知識を備えていて、普段の血圧管理やた血糖値管理やらは自前で賄えてしまうような国家であれば、一部の高度医療を除けばとりわけ医療従事者ばかりが優秀である必然性はなくなる

まぁ、それだけ既存の医師・薬剤師らの専門性、価値が相対的に下がる≒フィーが削り取られることになるので(マンパワーを要する看護師の価値はよほど機械化されない限り変わらない気がする)これらの業種は死に物狂いで反発するだろうけども、医療費はかなり下がると思われる
2100年、2200年、2300年の医療はどうなっているのだろう?
そもそもコロナは終息して無事2100年を迎えられるのか(笑)

・・・まずは2000年代の医療をしっかり乗りきろう



posted by うたまろう at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2021年08月24日

ホシミスジ、の裏側

IMAG0616.jpg
ちょうちょの裏側
通常は開いているのが基本なため、裏を見れるのはかなりレアらしい

なお、表面は見ればあぁあれかと大体の人は知っているホシミスジでした〜
posted by うたまろう at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 花が咲いたよ