2023年01月20日

緊急寄稿☆そのイナビル・・・ちょっとまって

インフルエンザ爆発どーん!!
なぜだ?今回は学級閉鎖になる判断が遅いのか?
とにかくインフルエンザが猛威、もういいよってくらいに猛威

さて、そんなインフルエンザにすっかりおなじみとなったイナビルですが、、
コレ、お子さんにお勧めがあった場合はよくよく検討してください

イナビル吸入粉末は従来のインフルエンザの薬とは異なり“一回だけ吸えば終わり”という紹介があるかもしれませんが、実際は“最低でも2吸入が必要”です(@を吸って、続けてAを吸います)

そしてこのイナビル、吸入の際に特異な風味が伴います
大人にとっては変な甘苦さですみますが、子どもにとっては看過できない嫌な味らしい
即ち@を吸った時点で『もうやだ!二度と吸いたくない!!絶対にだ!!!!!!』
となる可能性があります

繰り返しとなりますがこのイナビルは最低でも2吸入が必要です
かろうじて@を吸えても、Aまでしっかり吸えなければそれは成功とは言えません
ウイルスに対して効果がないばかりか、却って耐性のあるウイルスを残すリスクまであります

つまるところ、自身のお子さんがインフルエンザ+と診断された場合、
イナビルが提案された場合はただ“吸入ができるか”というポイントだけではなく、
“特異な不味さに耐えて二回目を吸う根性はあるか?”というポイントまで含めて検討していただきたい、ということです
なお誤解のないように書けば、イナビルを吸えないのが即根性なし、ということではありません
インフルエンザに罹れば非常にしんどいのでいつものようにいきません
普段は聞き分けの良い利口なお子さんであっても上手くいかない可能性が出てくる、ということです
こういったイレギュラーまで含めて検討されるのが患児にとって最良と思っています

ここでイナビル以外の手段について振り返ります
内服薬では先発品のタミフルが有名な、オセルタミビルのドライシロップ(粉)があります
従来通り5日間続ける必用がありますが、効果においてはイナビルに非劣等(劣らない)とされています

口からの服用が問題ない子であれば、それはもうオセルタミビルで十分なんじゃないでしょうか
posted by うたまろう at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2022年09月13日

面倒さは減る代わりに生じる別の問題

新型コロナウイルスへの対抗策として限定的に認可されていたラゲブリオ
これまでは国の管轄として保険請求に関わらない別者扱いとされてきたが、少し前にこれにも薬価がつけられた
そして来たる9/16から一般流通が開始することが正式に決定された

これによって何が変わるかと言われればまず煩わしさが減る
これまでは“ラゲブリオ流通センター”なる機関の管理下のもと、
調剤薬局であれば1店舗につき3個までの備蓄が許され、どなたか患者さんに処方されたらその情報を逐一報告してそれが発注代わりになり、、といった具合にそれなりの手間が発生していた
一般流通が開始されるということはそれが無くなる

しかし、それを手放しで喜べるのかと言われるとそうでもない

まず、保険証を忘れてしまうと10万円超の請求という非常事態が発生する

というのもこのラゲブリオ、薬価がべらぼうに高い
1カプセルが約2500円で、これを1日8個×5日続けるから40c…つまり1人1箱10万円が保険で請求される

これまで当方が受け付けたラゲブリオを含む処方せんが発行された患者さんの中にも、うっかり保険証を忘れてしまった方が少なからずいたが、これまではラゲブリオは窓口で請求しない扱いであったためにあくまでもその他の分について自費で払えば事足りた
しかし今後はまず主保険があり、そこから公費で賄われるという扱いに変わるので先に挙げた通り『保険証を忘れた場合は10万円以上を建て替えなければならない』という強烈な問題が浮上する
今後も当面は公費で賄われるので保険証さえあれば患者さんに負担がないことは確かなので、今後はとかく保険証が切れているとか忘れたとかが極力少ないようにされたし

あともう一個問題がありそうだけど、、それはまたの機会にしよう
posted by うたまろう at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2022年08月08日

くらげながれぼー↓しー↑いぃぃ

顔面を刺された!!!

痛い?痒い?刺されると熱いんだ
posted by うたまろう at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | モショっとつぶやく

2022年08月03日

限界を知ること、引き際を知ること

“俺がやらねばだれがやる!?”

・・・の精神には本当に頭が下がる

しかし

追い込まれて、追い込まれて、追い込まれて

追い込まれぬいて、心身が消耗しきった結果として

“どうして俺たちが苦しいんだ!?”
“あいつらは全然苦しんでねーじゃねえか”
“ふざけんなよ!?”

・・・といった精神の濁りを招くこととなっている

そうまでして、いやそうまでしてでもやらねばならない大義は確かにあるんだけど
その大義のためなら我々も憎まれ役に甘んじることもできるけど

ただ、やっぱ無理があるんじゃないかと
そしてその無理を少しでも減らす道は
少なからずあるんじゃないかと

しかし、いったんこうなってしまうとその道を探そうなんて頭は残らず
ただ“あいつらのせいで俺たちがっ…!”と繰り返すのみとなり、底から浮き上がる事が出来ない


もっと私たちにできることがあれば良いのだけれど
日々罵声を投げつけられるにつれて
今度は私たちが思考力を失う番と感じられる

ああ良くない
これは本当に良くない流れだ
posted by うたまろう at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | モショっとつぶやく