2018年12月29日

カサをお預かりしました

お心当たりあらば薬局まで、、

IMAG1860.jpg


本年は本日までの営業となりますm(__)m
posted by うたまろ at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 忘れ物情報

2018年12月27日

病で笑いを取るのは…もう止めにしないか?

さっき書いたばかりだけれども、続・クロちゃんについて

どうしても彼の言動が気になって仕方がなかったので、
過去の諸々の言動についても遡って調べてみた。

・・・これ、完全に『自己愛性パーソナリティー障害』ですよ、、
心理学などを少しでも齧った人なら誰もがそう思うはず、
それぐらいのまるでお手本のような言動がズラリ並んでしまっている。

なお、自己愛性パーソナリティ障害(または自己愛性人格障害)とは、
多くの場合、人格の核の部分に『自分は特別な存在である』といった価値観があり、
この価値観に基づいての言動が、社会生活を送るうえで様々な軋轢(あつれき)を生むことが問題になっている。

これがもし絶海の孤島に独り暮らしているだけなら何も問題は無いのだけれど、
幸か不幸か、人は社会の中でしか生きられないし、男がいて女がいる。

とりわけ色恋沙汰になった時は、特に問題になると思う

普通は
“〇〇さんは私の事、どう思っているのだろう?”
“好きなタイプはどんなだろう?”
“これは脈ありかな?”
・・・と、『相手から見た自分』を考えて思い悩むはず。

しかし、自己愛障害の場合は、あくまで自分自身のフィルタを通してしか人を見られないから
『こんな素晴らしい私に思いを寄せられて嬉しくないわけがない!』
と、一人でエンジン点火してしまう方向になる。
それで本当に素晴らしい方なた問題はないのだけれど、結果は見ての通り

それでも、当人としては『なぜこんなに崇高な自分を受け入れる事が出来ないのだ!!?』
と、本当に理解が出来ないので、当然ながら納得も出来ない。
そのあたりはまさしく番組でクロちゃんが見せてくれた通りだ

この一連の言動は端から見れば実に滑稽で、テレビに写せば笑いも取れるかも知れない
だが、ハッキリ言ってこれはたとえば身体障害をネタにして笑いを取っているのと同じ
彼については、もうここいらで打ち止めにしないか?と思う

だって、キモいんでしょう?
なら、見るのをやめたら解決ですよ(´・ω・`)
それでもまたついつい気になって見てしまうなら、、
あなた自身の心にも、何か闇(病み)が隠れているんじゃないかな

もう一つ “虚言癖”
自己愛性障害とは、心が本来生育する過程で何らかのエラー、好ましくない悪環境があり、
そこから当人の精神を守るためにそう仕組みが変わったために生じるという説がある。

すなわち自己愛障害を持つ人にとっての『素晴らしい自分像』は、実は自分を守る盾であり鎧なのだ
これが脅かされることは大きな恐怖や不安に駆り立てられるので、
それを回避するためにやむなく、“しょうもないウソ”が出てしまうのが主原因

本来ウソとは誰かを騙すことで自分に都合が良い結果を引き寄せるために吐かれるが
自己愛障害の人が付くウソは、少し雰囲気が違う気がする

専ら、弱い自身の“核”を覆い隠すためウソはかなりキツイというか
バレバレすぎてもはやウソの体をなしてすらいないので周りも呆れてしまう、、

こんな悪循環にありながらも、それでも自分は『偉大な自分』でなければいけない。
これが、自己愛性人格障害を帯びてしまったヒトの、悲しい性(サガ)なのだ・・・

『俺は変わったよ』
『信じてください』
イイトシしてみっともないけれど、彼は懇願して泣いていた。
(部分部分では演技も入っているかもしれないけれど)あれは素のリアクションだったと思う。

こういった【取り繕い行動】は、例えば認知症の方たちにもみられることがある。
昔は“しむらけんのボケ老人ネタ”を皆が笑っていたし、自分は正直、今でも好きだけど
今や病や個人の欠点は笑いのネタとして通用しない時代に変わってきている

こういうクロちゃん的な言動についても実は病的なものだと理解が深まる時代が来ると期待したい




posted by うたまろ at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

『許せる』に投票したい

リビングから
『キャー!キモイキモイキモイ』
の連呼が聞こえてきたのでゴキが出たのかと思い急いで駆け付けたら

モンスターハウス最終回

でした、、そこからは一緒に視聴
たまにはそういう日も良いものです

ちなみに
大雑把に解説すると、
彼は二またをかけ、
一方の女性に差し出して降られてひっこめた指輪を
今度はまた別の女性にそっくりそのまま差し出して大ヒンシュクを買っていたwww

そして彼の振る舞いについての審判が下され、
『約300万票の投票』
『許せない95%』
となり、彼は明日のほぼ丸1日をとしまえんの檻の中で過ごすハメとなってしまった。

これが本当のモンスターハウスなのか?
それはさておき、個人的に一番気になったのはこの投票数の多さ

クロちゃんがキモ過ぎるあまり、一人で2回以上投票した人がいてもおかしくはないが、、
ネット回線やテレビの機能面から全視聴者の内の約半数は投票していたとしたら、
(最近の衆院選の投票率が5割強)
この結末を約600万近い世帯が視聴していたことになる。
日本の人口1.26億人?を平均世帯人数2.3人?で割ると、日本には約5480万世帯が存在することに。

600÷5480は0.109...
この瞬間の水曜日のダウンタウンの視聴率は11%くらいの計算になるのか!?

クロちゃんは、恋には破れたけれども
バラエティとしてはかなりの数字をもぎ取った、、

ここ最近はウソツキ・クズと散々ないわれ様な彼は、
彼に期待される最大の仕事をしたと思う。
だから、自分はあえて“許す”を選択した

いや、選択したかった
選択したかったけど、我が家のチャンネル権を握っているヒトが『許せない』を選択してしまった、、

うーん、、我が家の“世帯主”は私なんだけどな(笑)
許せクロちゃん