2019年03月31日

離着陸よりも

IMAG1954.jpg
安全を守る裏方の作業を眺めているのが好き

平成最後の日

平成最後の日…は、今日じゃないよ(笑)
なんでも、明日の新年号発表を
=新年号の施工と勘違いしてしまったヒト
が一定数いるらしい。
このおっちょこちょいさんめw
posted by うたまろ at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2019年03月28日

ビムパットドライシロップ

ビムパットのドライシロップが新たに発売されていたらしい、、

この薬剤、今のところはまだ『部分発作のみ』有効とはされているものの、
・単剤で使用可能
・他剤との併用禁忌が今のところなく、薬物相互作用も少ない
というアドバンテージがある。
ここが重要で、抗てんかんのガイドラインでは従来のカルバマゼピンやバルプロ酸、ゾニサミドなどが無効な場合には
新世代薬であるガバペンやらラモトリギンなどが出番となってくるのだけれども、
例えばガバペンは薬剤そのものは優秀ながらも『併用療法のみ(単剤では使用できない)』という縛りからポリファーマシーに繋がりやすいし、
ラモトリギンは色々な“型”のてんかんに有効ながらも警告付だったり、他のてんかん薬の薬効をアゲたりサゲたりしてしまうので併用では使いにくい等の難点をそれぞれ抱えてしまっている。

しかしさらに世代の新しいイーケプラや表題のビムパットなどは薬価がメチャクチャ高いものの、この辺りの問題を見事にクリアしている。

そしてイーケプラについては薬価がメチャクチャ高い(大事なので二度言います)ものの、ドライシロップもあるので小児にも使用が可能であるが、
ビムパットについては今まで錠剤しかなく、15歳以上にしか使えなかった。
ここにドライシロップが新たに参戦することになったということ。
この新DSの処方日数の制限が解除された暁には、抗てんかん領域の薬剤の選択が変わってくるかもしれない、、

また勉強せねば
posted by うたまろ at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌