2020年03月12日

自由の国も、ついにその『自由のツケ』を支払う時がきたようだ

アメリカでのまん延具合がボチボチ明るみになってきた
“自由の国”アメリカには日本のような皆保険制度が無いので、
かの国でもおそらく本当の地獄がここから始まるかもしれない


幸いにも皆保険制度に守られたここ日本では
「なんかダルいなー、風邪でもひいたかな?」
となれば「そうだ、病院に行こう、、」
というのがおおよそ普通の感覚だ(それもそれで多大な問題を孕んでいるが、、)

しかし“自由の国”アメリカには我々日本の様な皆保険制度が無いがために
・民間の保険会社に決して安くはない保険料を払って加入する
・保険には入れず、かといって医療費も払えないので自分でクスリを買うか野垂れ死にするか
の、どちらかだというから恐ろしい、、

病気やけがに備えて保険に入るのも自由
保険に入らなかったばかりに医療にかかれず野垂れ死にするのも自由


“自由”とはいったい何なんだ?

なお、アメリカにも低所得者にはメディケードという、
日本でいう所の生活保護者に対する医療扶助に似た医療制度もあるにはある
しかし問題はギリギリそこに入らない所得層が思いのほか多い事
当然ながら民間保険にも入れないので、かなりの無保険者の存在が社会問題となっていた

それを何とかしようと今から10年くらい前にオバマが制定したのがかの“オバマケア”である
これはざっくり言えば
【本来は民間保険に加入すらできないヒトにも強制的に加入できる制度】となる

「なんてすばらしいんだ!オバマ大統領万歳!!」

・・・と、思われただろうか?
ところがその結果として起きたのは
“今まで何とか保険に入れていた中産階級の人々すら支払えなくなる”
くらいに保険料が値上がりしたこと

そもそも民間保険では健康状態に応じて相応の保険料がかかる
これは保険会社が保険料以上の医療費を負担するリスクを負うからだ
そこに“オバマケア”が「本来は民間保険に加入すらできないヒトも保険に加入させよ」
という無茶を保険会社に強要するものだから、結果として全体の保険料まで値上がりした

ではいっそ保険から脱退してしまえばよいかというと
オバマケアが『それは許さない、罰金を科す』と加入が義務づけられてしまったのでそれもできない

・・・自由の国のアイデンティティの危機である

それからトランプに代わり“アメリカらしくない”とこれを廃止する方向にむかった
国のトップは『アメリカらしい自由』を選び、国民もそれを支持した

私はアメリカ人ではないからその是非については何とも言えないし、
ここ日本でも『延命治療をやめよう』『透析治療をやめよう』と、過激な意見が出ているのも事実だ

ただ、アメリカ人が一つだけ忘れてはいけないのが
病はヒトからもうつるということ

そして富裕層と貧困層が全く隔離されて別々に暮らしているわけではなく、
医療にかかれない貧困層に疫病がまん延すれば、富裕層だってただでは済まないということ

それにもかかわらず
『医療は金持ちのもの』
と、素知らぬ顔で自由主義を謳歌してきた、、

その“ツケ”が今、パンデミックという形で回ってきたとしか思えない


posted by うたまろう at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | モショっとつぶやく