2021年01月30日

誰をバスに乗せるか

乗員を乗せ、どこかに向かって進むバス…

初めから乗っているヒト
途中から乗ってきたヒト

乗員は様々なれど、バスに乗っている間は同じ目的地を目指している

途中で降りるヒトもいる
気付けば、初めからバスに乗っていたのは私だけだ
そんな私自身も、いつかはバスから降りる日が来るかもしれない

私がバスを降りてもなお、バスは進み続けるだろうか?
その時に乗っているヒトは、あるいは最後の時まで乗っているヒトは一体どんなヒトなのだろう
そんないつかの事も考えることがしばしば増えてきたが、考えたところでどうとなるものでもなし

一つ確かなのは、今もこのバスは走り続けているということ

今乗っているヒトにとっても、故有って途中下車したヒトにとっても
納得が出来るようなかじ取りを続けていきたい

可能な限り



posted by うたまろう at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

エリックバーンの交流分析

“体系化されて後世に伝えられる心理分析学はマジでヤバい”

と、本能的に悟ってしまった


以下、エリック・バーン氏の交流分析からの丸々引用

>>交錯した交流​[編集]
例1a。AからAの交流へ、CからPで返答している(交錯交流)
コミュニケーションの失敗は、相手の自我状態とは異なった自我状態への話しかけ(交錯交流, Crossed)によって引き起こされる[8]。次のような例に見られる。

例1a:
A:「レポートを書いてくれますか?」(AからAへの交流)
B:「分かってるよ。そのうちやるから!」(CからPへの交流)

これは、仕事において、問題を引き起こしそうな交錯した交流である。
Aは、P(Parent)からC(Child)への交流に基づいた返事をするかもしれない。
すなわち、以下のようなものである。
A:「キサマその態度はなんだ、ふざけてるとクビにするぞ」

<<引用終わり

ざっくり言って、ヒトはP(ペアレント)の側面、A(アダルト)の側面、C(チャイルド)の側面がある
そして“社会人”は、これら側面を使い分けて社会生活を営んでいるというのが交流分析と理解した
心理学派によってはこの側面の使い分けをペルソナと呼んでいることだろう

話を戻す
いわゆる“仕事”においてはAとAとの交流が基本だ
よほどクリエイティブな仕事、あるいはよほど厳粛な仕事でもない限り
仕事場にPやCが出てくるのは非常にヤバい

しかし、、
とあるヒトが誰かにAからAでと言う認識で働きかけたにも関わらず
受け手がこれを→Cで受けてしまうとその返しは対Pへの切り返しとなってしまう

そうなると初め対Aとしていたヒトも、
返す刀はPとなり、それは非常に鋭利な切れ味となる、、

と、実際に事が運んでしまう前にこの交流分析の考え方をマスターし
誰もが自分たちを客観視できるようになっていれば、、と悔やまれる

ついでに
OK牧場のことも知ることが出来た
ガッツ石松氏で有名な、あのOK牧場

実はとんでもない意味があったと今更ながらに知る事が出来て嬉しい
ちなみに私自身は
Im Ok、But u r not OK.

という問題が露呈
折角なので
Im ok, and u r OK!
を目指していきたい
posted by うたまろう at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ふとした思い付き