2019年09月27日

どちらも必要なんだ

京都府国立病院機構宇多野
市立福知山市民病院大江分院
舞鶴赤十字
国保京丹波町

これらの医療機関がどうしたかと?
ふむ…先日、親方日の丸より次のようなお触れが出されたのをご存知だろうか。

以下引用
>>厚生労働省は26日、市町村などが運営する公立病院と日本赤十字社などが運営する公的病院の25%超にあたる全国424の病院について「再編統合について特に議論が必要」とする分析をまとめ、病院名を公表した。診療実績が少なく、非効率な医療を招いているためだ。ベッド数や診療機能の縮小なども含む再編を地域で検討し、2020年9月までに対応策を決めるよう求めた全国1652の公立・公的病院(2017年度時点)のうち、人口100万人以上の区域に位置する病院などを除いた1455病院の診療実績をもとに分析した
がんや救急など高度な医療の診療実績が少ない病院や近隣に機能を代替できる民間病院がある病院について「再編統合について特に議論が必要」と位置づけた。424病院の内訳は公立が257、公的が167だった
今後、厚労省は地域の医療計画をつくる各都道府県に対し、地域内の他の病院などと協議しながら20年9月末までに対応方針を決めるよう求める。他の病院への統合や病床数の削減、診療機能の縮小などを25年までに終えるよう要請する
政府は団塊の世代の全員が75歳以上になる25年度をターゲットに、病気が発症した直後の「急性期」の患者向けの病院ベッドを減らす「地域医療構想」を進めている。看護師などを手厚く配置するため医療費もかさむのに、病床数は過剰となっているためだ
ただ各地域が医療計画で示した急性期病床の削減率は公立病院全体で5%にとどまっている。このため厚労省は縮小する余地のある過剰な医療の実態を明らかにするため、この春から分析を進めていた。

>>引用終わり。

そう、初めに挙げた医療機関というのはこの引用記事で
“診療実績が少ない”とか“非効率”だとやり玉に挙げられている京都府内の公的な病院ということ。

しかし『縮小する余地のある過剰な医療』とは何ともお言葉だ。
こんなことを名指しで言われたら、自分なら絶対モチベーションが下がる自信がある( ;∀;)


確かに、公的かつ基幹的な病院は“がんや救急など高度な医療の診療実績が多い”に越したことはないことはない。
しかしその前にまず、地方に必要なのは『何でも診てもらえる病院』でしょう?
まずは『凡そのトラブルをとりあえずは何とかしてくれる』ところで、
それから『ひたすらカテーテルオペだけをやってやってやっている効率的な専門病院』や『片っ端からガンに陽子線を当てていく先進医療機関』が必要になってくる…それがモノの順序ではないかと。


舞鶴、福知山、京丹波…と見ていくと、正直言って京都市内と比べれば“過疎地”なのは誰も否定しないだろう。
そんなエリアでの広域医療を担う基幹病院からすれば
『脳ならウチに任せてよ!』とか『心臓カテーテルと言えばココ!』
…なんて言ってはいられないのは厚労省が一番良く知っているだろうに。

それこそ『子供から老人まで何でも診る!』って、さながら野戦病院の様相を呈するのが地方の公立病院じゃないか。
実際、この前の連休にふと思うところがあって【府内を1周(疲)】してきたが、
道中ふらりと立ち寄った美山の診療所では急患を受けられていたのか中でスタッフさんが懸命に働いていたぞ。
クルマもたくさん停まっていた、、なんだか申し訳なくなってきた(´・ω・`)

“このエリアでより多くのヒトを救うのは専門性よりも汎用性だ”と、少なくとも私はそう感じた。
なんでも見る汎用性が“効率的”なわけがない。
にもかかわらず、結果として多くの患者さんを支えられるのだ、、

こういった診療所の様に、とにかく地域の受け皿として来るもの拒まず診療して、
手に余るような場合は『これはガンですね…府立(京大だったり日赤だったり)を紹介します』
それが公立系病院になると許されなくなってしまうのだろうか?
私はむしろ、そういう泥臭い医療ほど公立が強いものだと思っていたのに、、

仮に統廃合するにしても、、それはどこと、どのようにするんだい!?


・・・とまぁ、それはさておき
我らが右京区の希望、宇多野病院もそこ挙げられていることが何より引っかかる。

実は右京区には国公立系の基幹病院っていったらもうココしかないのだ。
(まだ他にあったら本当にごめんなさい)
統廃合なんてしようものなら、商売抜きにこのエリアのみんなにとって死活問題かもしれない。

というより、そもそも宇多野病院はパーキンソンとか脳神経方面をガッチリ支えているのではないのか!?

中の中までは分からないけど、個人的に知る限りでは内勤の薬剤師らは今日も熱心に講義に参加されていたし、
ドクターの先生方からは医療をより良くしていこうという熱意が伝わってくる。
ケアチームは患者さん思いで、一緒に仕事をさせてもらうときは非常に頼りになるんだ。
それにもかかわらず、“誰か偉いヒトが決めた何らかの基準”によってはまるで【お荷物】のように指差されてしまうことにはどうあっても納得がいかない。
宇多野HPの代替先なんて、本当にあるのー??

他人事ではない。薬局だって同じようなものだ。
やれ“健康相談会をせよ”やれ“かかりつけ薬局となれ”と、官製キャンペーンの圧力が目白押し。
それに乗ってこない、ひたすら調剤ばかりやっている薬局もいずれ“縮小する余地のある過剰な医療”と不名誉なレッテルを貼られたり、調剤報酬上のペナルティを科されるのだ。


posted by うたまろ at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186609212
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック