2020年08月28日

台形の中に平行四辺形も含まれるものと考えている

算数の宿題により、家族関係がギクシャクしている(笑)

今、子供が向き合っているのら特殊な四角形の仲間たち

向き合っているといえばそう、平行四辺形だ◇

四角形のうち、互いに向かい合う対辺?が二組とも平行なものを特に平行四辺形という

一方、四角形のうち、向かい合う対辺の一組が平行なものは特に台形、と定義される

問題は『平行四辺形を台形に含めるか否か』だ

私は、平行四辺形は台形の一つ、だと思っている
平行四辺形⊂台形
台形の定義をおさらいすると
向かい合う対辺について“少なくとも一組が平行な”四角形だから、二組とも平行な平行四辺形も台形に含めると私は認識しているが
“違う”んだって、、

それでも食い下がると“あなたが小学生だったのは何10年前なの?”と言われてしまい…
そうなると段々自信が無くなってくるが

いや、平行四辺形や台形の定義はそう変わるものじゃないだろう(笑)

しかし気になって調べたら
『平行四辺形は台形じゃない派』って結構いるな
どうしたら『台形じゃない派』を納得させられるかな?

そうだ
台形の面積を計算するとき、もう一つ同じ台形をひっくり返してつなげて、いったん平行四辺形にして計算をして最後に2で割るをするな
これって“台形と台形を平行の方向に揃えて繋いだもの”だから、つまり平行四辺形も台形になるということがビジュアルで分かりやすい

ただ、どちらを正解とするかは教育過程?次第になるものだから
明日知り合いの先生に聞いてみるとしよう
posted by うたまろ at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | モショっとつぶやく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187849675
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック