2021年07月16日

薬剤にいける12歳という区切りについて

ヒトはいつから大人になるのか
日本の民法上は20歳から大人(18歳〜とする動きはあるがとりあえず)と定められている

ところが、医療の世界においては一足先に大人になることになる

代表的なのは15歳の区切り

大半の医薬品が15歳から成人量(大人の服用量)になるので、ここが小児と成人を分ける大きな区切りとなっている

一方で、12歳より成人量とされている薬剤もいくつか存在している
例えばアレグラ、デザレックスといった第二世代と呼ばれる抗ヒスタミン剤などがそれにあたる

15歳と言えば高校1年生あたりで、
おおよその二次性徴を迎えていて中には大人顔負けの立派な体の子もいたりするので、
15歳から成人!というのは納得しうる

しかし12歳といえばまだ子供の面影をそのままにした子がそれなりに多いので
これを成人というにはかなりの抵抗感があるが、
それでもここから成人量でOKという薬剤は少なからず存在しているので
12歳もまた何らかの区切りであることは間違いなのだな、、

そんな12歳という区切りについて私はひそかに“元服”と呼ぶことにしている
元服とはご存じの通り中世日本における成人の儀を行う年齢であり
時々によって5-6歳とも10-15歳とも言われ一定しないが
この12歳という薬学的な一つの区切りにおいてこれほどしっくりくる呼び名は他に無いと思っている

以前から当薬局を利用してきた子の抗ヒス剤が成人量に増量されるたびに
おお、この子もついに元服を迎えたのか、とその到来を心の中で祝っている

振り返ればオープンより5年
当時に小児錠、小児細粒を飲んでいた子たちが今は大人と同じ用量で服用しているのを見ていると
何とも感慨深い














私も老いたな!

posted by うたまろう at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | モショっとつぶやく

2021年07月12日

お役に立てない、、、

ワクチン接種の大規模会場におけるワクチンの充填業務に私もエントリーしていた件



あれ、“お流れ”になってしまいましたどくろ


先月末か月初あたりからワクチンが枯渇しそうだといった報道が連日されていたので何となく嫌な予感はしていたのだけれど、
“7月いっぱいで一旦中止”
と、ちょうど私の出番の直前で無くなった形となった


うーん、なんともやりきれない気持ちが残ったが
逆に大きな失敗をやらかすことも無かった、ということでもあるので良しとしようか

練習では難なくできたとは言っても練習はしょせん練習でしかない
ましてや普段とは環境も異なるアウェイでの精密作業ともあれば
ひょっとしたら何か不手際で迷惑をかけていたかもしれないし

一応、高齢者優先のハイスピード接種が達成されたということで
それが何よりと考えよう

最多数の最大幸福
posted by うたまろう at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | モショっとつぶやく

2021年07月11日

短期的な効果は抜群か…

高齢者へのワクチン接種も一段落ついたところで、コロナで重症化する高齢者の割合↓が見られているようだ
短期的な評価、すなわち未知の将来的な副作用を一旦無視して言うならば
このワクチンの効果はかなりのものと言わざるをえない

しかし依然として“接種直後の突然死”についてはなんの根拠も示されずに因果無しとされたり有耶無耶にされたままだ

これから非高齢世代向けの接種が進むにつれ、真の評価が下されることだろう…


一方の新規感染者数↑を見ればもはや自粛生活が限界に達しているのは明らかで、
今後は接種済み者の中から強引に元の生活様式に戻そうとする強硬派が現れる可能性は高い。

強硬派に限らず、既に接種済みとなった勢力にとっては【ワクチン接種者は多ければ多いほど得をする】仕組みだから、接種済み者が増えるほど非接種者は今以上に有形無形の圧力を受けることになるだろう


“最大幸福”を考えるならば強制的に接種を行う必要があるかもしれないが、そのためには避けられない少数の死亡例に対して手厚く補償することも必須だ
【ワクチンで死ぬこともある】
としっかり認めて、少しくらい際どい事例でも因果を疑うことで人は安心して?死ぬことが出来る


今後は未知の副作用が露見したり有効性が下がるなどのマイナス材料も出てくるだろうから、やるやら今のうちに接種率を稼げなければならない
【打ち損】という考えに火がついてしまえば公衆衛生は一瞬で終わりだ

posted by うたまろう at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 武漢ウイルス考察

2021年07月04日

easeUSクローニングの有償化にもめげずに大容量HDD→SSD(252GB)へのスケールダウンを成功

結論からすると、まさかのFAT32形式でフォーマットするだけで一発解決した(ただ、今後の問題はあるかもしれない)
そこに至るまでのトライアル&エラー、あるいはPDCAサイクルって大事だなという話を書く


当薬局には『赤ピーシー』という通称のノートPCがある

これは、特に変哲のない4-5年前のNEC製ノートであり、
一般的なネットサーフィンを患者さんの個人情報が満載のレセコンPCでやるわけにはいかないよね
という理由で導入したものだった
オープン当初は自前のノートを持ち込んでいたが、それを自宅と薬局でイチイチ行き来するのは骨が折れたので買い足したもので、スペックは決して高いものではなかった

その赤ピーシーで経理などの様々な作業を行っているが、昨今ではその処理の遅さが気になっており、
折を見てHDDドライブからSSDに切り替えることとした

なお、その切り替え作業はそう難しいものではなく、ざっくり言えば
新たに買い足したSSDドライブを取り替えたいPCにつないでHDDのデータを丸ごとコピーする(クローニング)
クローニングされたSSDとHDDを入れ替える
無事起動することを祈る
・・・というだけの作業で、既に自前で使用しているノートPCにおいても経験済みだ

しいて言うならばクローニングの時間が長いので結構怠い、、そこだけが問題点だと思っていた

が、


【クローニングは有償版のみの機能になります】



オイオイ(゚Д゚;)

いや、もうSSDは購入済み(4500円笑)なのですが
カエサルでいうと賽は投げられているし、飛行機で言うとpoint of no returnなのですが



どうやら、私が以前に行って少したってから有償化していた模様
おそらくOSのライセンス関係に抵触したのかなとみている

何か方法はないの?
有償版を買えばいいだけなのにね


“有償版になる前の古いヴァージョンならいける”

それだ、行こう




・・・行けそう・・・え?!




【セクタサイズが異なるので無償版ではサポートしていません】


結局ダメなのか
しかし私はあきらめないよ


セクタサイズとは?
アローケーションサイズ??

SSdをフォーマットするときになんか聞かれているアレか
お任せではだめなのか?


調べてみると、古いPCは512バイト
対して新たにフォーマットされたSSDは4096バイトだった

昔は512,なんなら256バイト以下も選べたようだが
今はNTSF方式?一択で4096バイト未満は選択できない


詰んだ


いや、昔はできたなら昔の方式を試せばいいのでは?
アロケーションサイズとやらがでかくなったのは、大容量データ時代に入り、
蓄積できるデータ量、あるいは一度にやり取りできるデータの最大量を稼ぐためらしい
なら時代の逆をいけばいいのだ


じゃあFAT32(笑)形式ならどうだ
以前にメディアを強制的にFAT32に書き換えるソフトをDLしていたので試す

今度はどうか、、、クローン準備画面に移行した!


いける

〜30分〜


できた。換装して、、、起動するぞ

ほい
posted by うたまろう at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌