2021年07月01日

パフォーマンスで弔問なんてをするものではない

八街の事故について触れずにはいられない

たった一人の飲酒運転者によって子どもたちの未来が閉ざされてしまった
亡くなった二人の子は言わずもがな、意識不明の女の子についても相当な障害があるらしい
生存した二人の子についても、傷はいつかは癒えるかもしれないが、ふとした瞬間にフラッシュバックしたり、一緒に登下校していたメンバーの中で自分が生き残ったことの重責(サバイバーズギルト)に苦しむことが予想に難くない、、
そんな思いがずっとアタマの中をぐるぐるしている

そりゃ、究極的には関わりのない人たちかもしれないけどね
でもこの悔しさ?悲しみ?怒り?呆れ?が入り混じったようなどうにも表現できない気持ちは、紛れも偽りもないものだ

赤の他人でこうなんだから、犠牲になったお子さんらの家族の気持ちは計り知れない



そうこう思っていた矢先に
“菅総理大臣が現地を弔問に…”
“この道にガードレールを全力で設置する意気込みを…”
なんてニュースの見出しを目にしてしまったもんだから、なおのことモヤついている


IMAO(ぶっちゃけ言ってしまえば)

“え?これって総理大臣が、ワザワザ時間を割いてやらねばならんことなのか?”


ってことだ

いや、唐突にこんなことを書けば【とんだサイコパス野郎だな】と思われてしまうかもしれないし、
『それを遺族や当の犠牲者を目の前にしてもう一度言える』のかと言われたらそりゃ無理だけど
そのココロについてひとまず書き出させてほしい



まず、この件が人々の記憶に刻まれるレベルの痛ましい事故であることには異論をはさむ余地はない
個人的に言わせてもらえれば、
数年前に亀岡で起きた【通学路が裏道に使われて子供が轢き殺された事故】や
大津で起きた【強引な右折車を回避せんがために幼児に突っ込んでしまった事故】などに比肩する
重大なアクシデントだとも感じている


そのうえでもなおこれは一国の総理大臣が弔問してどうこうする問題じゃないと宣うのは、、

そもそもこの国では一日に8.8人が交通事故で命を落としている(2020)から
単に事故であれば一分に一件以上発生しているらしい

こうしてブログを書き出して、書き終えるまでに30件くらいの事故がどこかで起きて、
その中には死亡事故が含まれている可能性が高い、、

つまり私たちがこうして千葉の事故の犠牲者を悼む傍ら、
人知れず、でもこの事故のように凄惨な亡くなり方をしている子供たちが決して少なくなく、そしてそれは今後も発生するということだ

そんな状況で、“この場所に全力でガードレールを作る!”と意気込んでどうするのか


全国に、この事故現場と同じかそれ以上に危険な通学路がどれほどあるのかを、
またそのすべてにガードレールを設置することが現実的かを、このご老人は知っているのだろうか
自国の総理大臣が【それを本当に解決策だと信じている】なら呆れるし悲しい

そうこう考えているうちに
『あ、コレってもしかして政治的なパフォーマンスなの?』
と考えるようになってしまった次第

いかに悲惨な重大事故とはいえ、今はコロナ、オリンピックの混乱の最中
仮に心よりの弔問だとしても、ぐっとこらえて国交相あたりを代理で遣わすくらいじゃないとダメだろう

本当に総理大臣にやってもらいたいのはノコノコ弔問してハイ終わり、じゃなくて
飲酒運転の撲滅(に向けた各種法整備)でしょ

そもそもの着眼点からして間違っていると思っている
とりわけ、飲酒運転での事故が発生した場合はそうでない事故にくらべて死亡率が8倍に跳ね上がるらしいのだから、“酒飲んで運転するバカ”を根絶やしにしないとダメ

例えば運転手の呼気を吹き付けなければエンジンがかからない様にするとか、そういう技術は既に実現可能なレベルにあると聞く
そういった機能の装着義務化を推し進めるなど、与党総裁クラスじゃないと出来ない旗振りをするのが
総理の本来の仕事ではないかと思っている(立法は国会、などの細かい突っ込みはご勘弁願いたい)
(装置が付いたら付いたで身代わり吐息などの抜け道も横行するかもしれないが、
それも独りではできないし、わざわざそんなことの共犯者になろうとするやつも稀有なことだろう、、)


・・・そういうわけで“総理はノコノコ弔問に来るな”と思った次第



まったく別件になるが、対面走行の専用道路で最近導入が進んでいる鋼鉄ワイヤー
これ、コストに対してかなりの効果が上げられているらしい
ただ、これは日常的に車が走行することが明らかだからこそ設置が進んでいるが、言われているような全国レベルのガードレール設置なんて土台無理な話だと思っている

聞けば以前からここにガードレールを、もしくは通学路の変更を、と主張していたヒトもたくさんいたらしい
でも、それらが実現しなかったのは、予算面などそれなりに理由があったのでしょう
財政がひっ迫するといわれている最中、今まで設置できていなかったものがこれからできるのか、、
あるいは、わかりやすくガードレールは付けたけど、どこか別のところでしわ寄せを食ってそれで別の事故が増えるような、、そんなビジョンが浮かぶ


いずれにしても
今更ここにガードレールを取り付けたって、亡くなったヒトはもう戻ってくれない
公害しかり、薬害しかり、犠牲者の上に安全策が敷かれるようになるのは昔からのことだが、、
せめて犠牲者の手向けになる、意味のある対策が採られることを切に願う





posted by うたまろう at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | モショっとつぶやく

2021年06月24日

ひとくちに『セントジョーンズワートとの飲み合わせに注意があります』とは言っても

セントジョーンズワートは、ハーブにすることで抗うつ作用を期待する事が出来る珍妙な植物だ
また、“薬剤との相互作用”を持つ要注意な植物であり、毒草に指定している国すらあるほどだ
薬局薬剤師でその名を知らない者はいないと思う

しかし“セントジョーンズワートとの飲み合わせに注意がありますので気を付けてくださいねー”と患者さんに言う割には、実際にそれがどんな植物なのかは知らないという薬剤師もけっこう多いのでは?などと思っている



『おっ、セントジョーンズワートが咲いているじゃないか』

IMAG0409.jpgまぁ、私は知っているけどな(笑)


折角だからついでにもっと寄ってみようか
IMAG0410.jpgあっ!なんか違うwww

私が思うセントジョーンズワートとはこれ
無題.pngこれがセイヨウオトギリソウ(Hypericum perforatum L.)


セイヨウオトギリソウ花弁はコスモスのようにシャープであり、
一方の私が撮った写真のものは桜のような丸みを帯びている
これは“ヒドコート(Hypericum x hidcoteense )”という交雑種であったようだ(調べた)

よくよく見くらべれば全然違う花だけれども、これらの花はどちらも同じ“セントジョーンズワート”なのだ

セントジョーンズワートとは、いくつかの近縁の植物をまとめたグループの総称でもあったりする
その一方で、ただ“セントジョーンズワート”と言った場合はその中でも特にセイヨウオトギリソウを指すことが一般的らしく、これが紛らわしさを招いていると思う
セイヨウオトギリソウと呼称を限定するか、狭義のセントジョーンズワート、と言うと紛らわしさを防げるかもしれない

そんな、あいまいさを孕むセントジョーンズワートが、サプリとして活用されている
・・・なんか危険なにおいがしないか?

近縁種であっても、含有する薬効成分もそれなりに違う可能性は高いと思う
でもそれらが同じ“セントジョーンズワート”として区別されずに扱われているのはどうなんだろう

せめてセントジョーンズワートの〇〇(亜種名)から抽出した●●(成分名)を何g含有、くらいに表記されていないと安心できない


あなたのセントジョーンズワートは、ホントにセントジョーンズワートですか?
posted by うたまろう at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌

2021年06月21日

機序から考えると副作用を否定できない

今朝がた“こむら返り”を起こしてしまい、その肉離れのような感覚が今も続いている
もしも明日まだこれが続くようであれば仕事に差し障りそうなので少し調べてみたところ、こむら返りは明け方にかけて体温の冷えから来るパターンが多いとのことだ
確かに、明け方に始まりはしたが…冷えと言われると疑問が残る

また別の原因として【血栓が生じることでも起こりうる】という記述が目に留まった 見

…これか?
“例の”ウイルスにおいてはしばしば血栓が問題となっていた
今回はそのワクチンである以上、その関連性を無理に否定することはない
むしろ疑っておくべきだろう


「こむら返りはこれが初めて」とは言わないが、かといってそう頻繁に起こるものではないからな

“たまたま普通にこむら返りを起こしただけ”なら嬉しいが、ことに血栓関係を軽視するわけにもいかない


明日まだ回復しなければ68を飲もう
それでも解消しないなら血栓の線でも要ケア
posted by うたまろう at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | モショっとつぶやく

2021年06月17日

さらば台湾、こんにちは中国

4年間、大切に使ってきた台湾製スマートフォンHTV33
2017年の購入当時は、国産のスマホ勢はまだ2GB、3GBは当たり前であり、
この4GBのメモリーを搭載した台湾製スマホは異色を放っていた

私は異色を放つ商品が大好き(笑)なので迷わず購入し、そのおかげもあってか今でも特に不便なく動作している
(ちなみに、当時一緒に機種変更した妻は私が『やめとけやめとけ』と忠告したにもかかわらず低スペックの○○○を選んでしまい、その後発熱したり動作不良を起こしたりとロクな目に合わなかった)
yametoke.jpgやめとけやめとけ


しかしそんな愛用のスマホを、ついに手放す時が来たのかもしれない
それはカメラ機能の陳腐化だ
ここ数日間ほど、薬局付近を飛び交うホタルたちにカメラを向けているのだけれども、その映像のどれをとっても満足がいかない


ちなみに、こんな感じだっちゃ

小さく点滅しているのが蛍の光

この通り、どれもボヤっとしてしまっていて
ホタルを肉眼で見たときの、あの感動がこの映像からは伝わってこない

もっとも、そもそもが小さな光点であるし?夜間撮影でもあるし?
スマホのカメラにそこまで求めても仕方がないのかもしれないけれど
だからと言ってデジカメでも買って持ち歩くわけにもいかない

そうだ、デジタル業界は日進月歩
前回にスマホを買い替えて4年が経った今、世の中にはもっとすごいスマホが出ているはず、、
そんなきっかけで調べ始めたところ、広東の“OPPO”というグローバルメーカーが出した最新機種に目が留まった

opg02_color_01.pngこんなやつ

HTV33の画素数が1200万に対して、OPPOのA54が4800万

よ、四倍だ―
さらにウルトラナイトモードとか4cm接写モードとかあるらしい

これならホタルもきれいに映るかな?
思えばこんなにしょっちゅう花やら虫やらを撮影することになるとは考えていなかったな

まだ何の問題もなく使えているスマホをカメラ機能のために乗り換えるとか、およそとんでもないことをしようとしている気がするけれど、それもこれもホタルが綺麗なのがいけないのだ(´・ω・`;)

そして前々から武漢コロナ!とか放射能漏れてる〜とか中国について散々ヘイトしまくりながら乗り換えるという尻軽っぷりもどうなのだろう
しかし実際のところ、もはや日本もITやデジタルではとっくに中国の後塵を拝しているし、、
イイものはイイんだよね

さらば台湾、こんにちわ中国(笑)


ただ一点


重い


190gか
今170g
たかが20g、されど20gだ

うーん、もう少し慎重に検討しよう